tanemaki*blog

日々のできごと

南極料理人。

南極
「南極料理人」を観ました。

料理人の映画だけあって食事が美味しそう。
「かもめ食堂」でもそうでしたが、映画で観るおにぎりってのは
なんであんなに食欲をそそるんでしょうね。
あと、豚汁。
脱線しますが「かもめ食堂」のシナモンロールも美味しそうだったー。

もとい「南極料理人」ですが、あんな密な空間で(外は広大だけど極寒の白い氷)
同じ面子が顔つき会わせて生活するのは、精神的に来るんでしょうね。
私は集団行動があまり得意ではないので考えただけでも…無理。

映画半ばで乾麺が底をついちゃって、きたろうさん演じる隊長が泣きそうになっていましたが
(そうなった原因は自分にあるとしても)なんだか可哀想でしたね。
食によって精神の安定を図っている状態にあっては…なんか文面が硬くなってきた。

バターかじっちゃう人がいたり、サボる仲間にブチ切れる人がでたり…ああいう混乱も身に詰まされるというか。

でも最後にまるで母親のような堺さんがご飯を用意して、みんなで食卓を囲んでいただきますを言って…
そして静かになった基地を後にするシーンがすごく良かったです。

エンドロールでのビーチバレーも。



JUGEMテーマ:日記・一般


0

    THIS IS IT。

    まいける
    映画館で観ました。
    ジャストの世代ではなくてもこの人の音楽に触れて生きてきた人っていうのは少なくないだろうな。色んな世代のお客さんが観に来ていました。
    人ごみをさけて早朝に観に行ったのは良かったものの、Mサイズのポップコーンを全開でぶちまけるという粗相をしでかしつつも(そっと自分でかき集めて捨てにいくと、優しいスタッフの方が新しいものと交換してくださいました…ありがとう!)大満足で会場を後にしました。
    すごいなぁとしかいいようがないけれども、観てよかったなぁ、大画面で。大音量で。
    エンドロールを観ながら思ったのは、マイケルも含めてこのツアーの成功に向けて関わっていた多くの人たちが如何に無念だろうか、ということで全く無関係ながら泣けてきました。ツアーのチケットさえ持っていなかったのに。
    でもひとつの形としてたくさんの人に届けられて、少しは報われたでしょうか…。どうかな。
    それにしても、作っている過程だけでもこんなにドラマティックなのに、完成したステージなんて想像もつかない。本当に軽く失神してしまうかもしれない。それくらいマイケル、格好良かったです。SMOOTH CRIMINALとか!
    0

      「めがね」みました。

      megane
       というか、いまみています。録画しておいたものを。
       映画をみるときはいつも「よしっ。みるぞ!」という気合いとともに見始めるのですが、「めがね」はなんだか普段の生活リズムに心地よい感じで、見ていると自分もなにか動きたくなる。
       タエコさんが道ばたで途方に暮れてスーツケースに座っている所に、サクラさんが自転車でキコキコやってくるシーンがいいです。
       それはそうと、「めがね」の小林さんみたいな髪型にしたくて美容院にいったら、髪質的に無理かもといわれ断念しました。無念。
       ユージさんのうめぼしたべた〜いなぁ。
       あ、加瀬さんがでてきました。
      0
        1 / 1
        オリジナル雑貨販売しています↓
        minne
        オリジナル缶バッジ♪
         
        缶バッチ3点セット
         

        recommend

        缶バッチ3点セット

        価格:500円(税込)

        オリジナルブローチ♪
         
        ブローチ 「ちいさなもり」
         

        このページの先頭へ